婚約指輪は愛の証【結婚するなら選択が重要!】

新郎新婦

感謝の気持ちを伝える

引き出物の贈り分けとは何か

引き出物は、結婚式でゲストに対して祝ってもらったお返しとして渡すものです。この引き出物について、近年では贈り分けという習慣が一般的になりつつあります。 贈り分けとは、ゲストの立場や年齢、性別などに合わせて、引き出物を選ぶことを良います。あるいは、祝儀の金額にあわせて、引き出物のランク分けをすることも当てはまります。 なぜ贈り分けが浸透しつつあるかというと、ゲストは立場や職業、年齢など色々な人がいるからです。なので、1つの引き出物を贈った場合、ある人には喜ばれますが、他の人には好まれないこともあります。 それと、年齢や立場が上の人の祝儀は高額である可能性が高くなります。よって、引き出物を、他のゲストと同じにすると失礼にあたる場合もあるからです。なので、引き出物を贈り分ける習慣が一般化しつつあります。

贈り分けを行うときのマナー

結婚式で贈り分けをする際には、失礼にならないようにいくつかの注意点があります。まず大切なことは、引き出物を渡す時に品物が異なることを周りにばれない配慮が大事です。外見から金額の差に違いが分かると、肩身の狭い思いをするゲストもいらっしゃいます。なので、どのゲストも気持ちよく受け取ることができるための配慮は欠かせません。 それと、贈り分けの引き出物の相場は、基本的に親族が一万円、上司が7千円、友人が5千円が相場です。地域や家によって考え方が異なるため、周りの方に確認すると良いです。それと、夫婦で出席したゲストに対しては、祝儀も多くなります。よって、二人に対して引き出物の単価を上げることがマナーとなります。