婚約指輪は愛の証【結婚するなら選択が重要!】

新郎新婦

再び注目される

神と先祖に結婚の証人になってもらう

神前式は、結婚式を行なう場所に祀られている神や先祖に結婚の報告をする結婚式のスタイルです。現在ではチャペルでウェディングドレスを着衣する結婚式のスタイルが一般的になっていますが、神前式は昔ながらの純白の和装で厳粛な雰囲気のなか行なわれます。堅い結婚式というイメージがあり、海外の結婚式のスタイルを挙げる人が多いですが、最近ではこの神前式がまた注目されています。ホテルウェディングやレストランウェディングはアットホームに式を挙げられるため神前式は堅苦しいと思われがちですが、神前式の奥ゆかしさと雰囲気が良いとして、現代の若者に注目されているのです。

他の結婚式と変わらない費用

神前式はホテルウェディングやレストランウェディングに比べて高額な結婚式のイメージがありますが、大きく費用が変わるわけではありません。他の結婚式のスタイルと同じで演出を自由に決めることもできるため、費用や演出について比較して決めると良いでしょう。また、神前式を行なう際は料亭を選ぶとなお神前式の雰囲気を作り出すことができます。堅苦しいというイメージはありますが、神前式に制約は少ないため、個性的な演出を入れて今までにない新しい思い出に残る結婚式を挙げることもできます。